研修・セミナーのご案内

産業看護職研修

事業場で働く保健師・看護師の能力向上を目的とした研修会です。

空調設備が十分に機能しない場合がありますので、体温調整しやすい服装でご参加ください。

多くの方々に参加していただけますよう、当日のキャンセルはご遠慮ください。

研修日時 2017年8月30日(水) 14:00~16:30
研修名 産業看護交流会3「従業員の健康教育実施について(基礎編)」
残席 定員に達しました
会場 エル・おおさか南館7階 72
定員 20名
対象 産業保健現場で働く保健師・看護師 
受講料 無料
内容

 日々、孤軍奮闘されている産業看護職の皆様の事例検討会を開催いたします。

 産業保健スタッフとして勤務する看護職の皆様は、日々対象者に必要な支援は何か?企業から求められる実績や結果は何か?を模索しながら勤務されていることと思います。

 今回は、産業看護職として働き始めて3年未満の方を対象に「基礎編」として従業員の健康教育実施をテーマに 実施方法や内容の工夫、人事部門との調整方法など事例検討や情報交換をいたします。

 経験年数3年未満はあくまでも目安ですので、内容をご理解いただければ、3年以上の経験者の方でもご参加いただけます。

 基本事項を説明したのち、グループワークで事例検討し、日頃の問題をクリアしたり、課題を見つけて業務にいかしていただきたいと思います。

※本研修会の趣旨をご理解の上、お申し込みください。

 

講師

鮫島 真理子(大阪産業保健総合支援センター相談員)

申込 定員に達しましたので、現在申込は受け付けておりません。
研修日時 2017年7月26日(水) 14:00~16:30
研修名 産業看護交流会2「メンタル不調者への対応(基礎編)」
残席 2名
会場 エル・おおさか本館10階 松
定員 20名
対象 産業保健現場で働く保健師・看護師 
受講料 無料
内容

 日々、孤軍奮闘されている産業看護職の皆様の事例検討会を開催いたします。

 産業保健スタッフとして勤務する看護職の皆様は、日々対象者に必要な支援は何か?企業から求められる実績や結果は何か?を模索しながら勤務されていることと思います。

 今回は、産業看護職として働き始めて3年未満の方を対象に「基礎編」としてメンタル不調者への対応をテーマに事例検討や情報交換をいたします。

 初めてのメンタル不調者とどのように向き合ったか、どのように繋げて、どのような結果になったのか?実際の経験を共有し、新たな問題や課題を見つけて一緒に解決策を考えていく交流会です。

 経験年数3年未満はあくまでも目安ですので、内容をご理解いただければ、3年以上の経験者の方でもご参加いただけます。

 基本事項を説明したのち、グループワークで事例検討し、日頃の問題をクリアしたり、課題を見つけて業務にいかしていただきたいと思います。

※本研修会の趣旨をご理解の上、お申し込みください。

講師

鈴木 純子(大阪産業保健総合支援センター相談員)

元日本IBM(株)保健師

申込
研修日時 2017年7月04日(火) 14:00~16:30
研修名 産業看護交流会1「健診後の事後措置について(基礎編)」
残席 定員に達しました
会場 エル・おおさか本館10階 松
定員 20名
対象 産業保健現場で働く保健師・看護師 
受講料 無料
内容

 日々、孤軍奮闘されている産業看護職の皆様の事例検討会を開催いたします。

 産業保健スタッフとして勤務する看護職の皆様は、日々対象者に必要な支援は何か?企業から求められる実績や結果何か?を模索しながら勤務されていることと思います。

 今回は、産業看護職として働き始めて3年未満の方を対象に「基礎編」として、定期健康診断等の事後措置をテーマに事例検討及び情報交換をいたします。

 経験年数3年未満はあくまでも目安ですので、内容をご理解いただければ、3年以上の経験者の方でもご参加いただけます。

 基本的事項を説明したのち、グループワークで事例検討をし、日頃の問題をクリアしたり、課題を見つけて業務にいかしていただきたいと思います。

※本研修会の趣旨をご理解の上、お申し込みください。

講師

藤吉 奈央子(大阪産業保健総合支援センター相談員)

申込 定員に達しましたので、現在申込は受け付けておりません。
研修日時 2017年6月01日(木) 14:00~16:00
研修名 精神科投薬からみる健康管理のポイント
残席 定員に達しました
会場 エル・おおさか本館5階 視聴覚室
定員 70名
対象 産業保健現場で働く保健師・看護師 
受講料 無料
内容

 メンタル面で健康管理や職場復帰支援において、産業医や産業保健スタッフに精神科領域の知識が要求される時代となった。その際には相談者が内服中の向精神薬の把握が欠かせないが、抗うつ薬、抗精神病薬、気分安定薬、抗不安薬、睡眠薬など多岐にわたるため、実際の使用経験が乏しいと理解が難しいことも少なくない。

 当日はガイドラインを元に標準的なうつ病、双極性障害、睡眠障害の 治療を紹介し、精神科主治医の投薬内容から推測できうることについて、精神科産業医の立場から考えてみたい

講師

出口 裕彦先生(大阪産業保健総合支援センター相談員)

大阪市立大学大学院 神経精神医学 講師

申込 定員に達しましたので、現在申込は受け付けておりません。
研修日時 2017年5月26日(金) 15:00~17:00
研修名 禁煙に向けた指導
残席 定員に達しました
会場 エル・おおさか南館7階 734
定員 50名
対象 産業保健現場で働く保健師・看護師 
受講料 無料
内容

産業保健看護職として従業員の喫煙問題は健康管理を行う上で重要な項目であり、また実行が困難な身近な問題です。

今回は、産業看護職の立場から喫煙習慣のある従業員へのアプローチの方法や指導方法のコツなどを解説いたします。

講師

森岡 郁晴先生

和歌山県立医科大学保健看護学部教授

申込 定員に達しましたので、現在申込は受け付けておりません。
ご相談予約・お問い合わせ
06-6944-1191

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日・祝・年末年始

お問い合わせ