最新情報

労災疾病等医学研究普及サイトのご案内 「作業関連疾患」について

 

上肢等(後頭部、頸部、肩甲帯、上腕、前腕、手及び指)に過度の負担のかかる業務によって発生した運動器の障害を「上肢障害」と呼びます。

 厚生労働省の「上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準について」によれば、代表的なものとして、上腕骨外(内)上顆炎、肘部管症候群、回外(内)筋症候群、手関節炎、腱炎、腱鞘炎、手根管症候群、書痙、書痙様症状、頸肩腕症候群などが例示されています。

 近年のパソコン等を用いた業務の増大により、上肢の作業関連疾患が多くなっていると予想されること、上肢障害を来す疾病のうち最も発生数が多いこと、診断が比較的容易で明確であることから、上肢障害のひとつである「手根管症候群」について、その病因が業務によるものか加齢によるものかなど、発症要因の分析を行いました。

 

労災疾病等医学研究普及サイトのご案内

○「作業関連疾患」について URL

http://www.research.johas.go.jp/sagyou/thema01.html

最新情報一覧へ戻る
ご相談予約・お問い合わせ
06-6944-1191

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日・祝・年末年始

お問い合わせ